31日 大幽洞窟

<山行報告>     1月31日(日) 曇りのち晴

メンバー   : K(リーダー)、F、K(娘)、K(記)

コースタイム : 宝台樹スキー場9:22~9:54上ノ原登山口~10:21 大幽洞窟入口10:44~11:38大幽洞窟12:04~12:35ランチタイム13:36~14:15宝台樹スキー場

うっすら青空ののぞく中、駐車場で身支度を整えて、いざ出発。今日は、モデルさんのような可愛い、リーダーの娘さんも一緒です。

しばらくは車道を歩きます。氷結した道路に、足元注意です。

上ノ原登山口からは、長い林道歩きです。もうすぐ着くかな~と思った頃に、大幽洞窟入口の案内板。(ちょっと疲れたな~)

「ここからは、登るよ~!」の一声に、Fさんはスノーシューを装着。

私はワカンを。娘さんはパパにワカンをつけてもらっていました。何とリーダーはツボ足覚悟で、洞窟を目指します。

 娘さんが先頭で、パパのために足元を作っていきます。親孝行のYちゃんです。時折ツボ足になるもさすがのリーダー、サクサクです。遅れがちで焦る私に、自分のペースでいきましょうと、Fさんからの励まし。汗をかきながらの雪道歩き。傾斜があるので気を抜けません。

「うわ~、すごい!」先頭からの声に顔を上げると、つららの塊が目に入りました。やっと、というより突然の到着でした。

初めて見る、雪の中の洞窟。こんなところにひっそりと不思議を閉じ込めているような洞窟。中をのぞくとキラキラと光る氷柱。ムーミンのキャラクターのニョロニョロを垂直にしたような、氷筍と言われるものです。

見ていて飽きませんが、ずっといてはこちらが凍ってしまいます。

下山路は、ヒップそり持参の私のためにリーダーが楽しいコースを選んでくれました。皆、お尻で滑れば怖くない。楽しく滑り、途中でランチ。

ランチは、雪のテーブル・雪の椅子。雪遊びを満喫した一日でした。

リーダーをはじめ、同行の皆さん、ありがとうございました!

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ