30~31日 針ノ木岳&蓮華岳

<山行報告>針ノ木岳&蓮華岳

日程: 2016年7月30日~31日

メンバー:K、K、H、I(記)

コースタイム: (7/30)扇沢5:04~6:25大沢小屋6:38~9:24針ノ木小屋(テント設営)10:34~11:22針ノ木岳11:44~12:26針ノ木小屋~13:28蓮華岳13:37~14:15針ノ木小屋  (7/31)針ノ木小屋4:01~5:22針ノ木岳6:19~6:55針ノ木小屋(朝食・テント撤収)8:31~10:40大沢小屋11:04~12:01扇沢

このメンバー...去年の槍ヶ岳山行と同じ...。雨の中の上高地。テント浸水。槍断念。憧れの槍に登れなかった。そんな悪夢を思い出してしまった。

でも、今年はもう梅雨明けして雨の気配はない!いざ、針ノ木岳へ。

なぜ、現代においてわざわざ重い荷物を担ぎ、山に登るのか!きつい傾斜を登るたびに考えてしまう。何やってんだわたしは。あーキツイ。針ノ木雪渓から傾斜がきつくなってきた。神田さんついていけない、悔しい。まだまだ馬力が足りない。それでも、一歩ずつ進めば、目的地に着く。登りきったら嬉しい。この気持ちを忘れては思い出す。だから、また登ってしまう。

針ノ木小屋にてテント設営後、針ノ木岳をアタック。登頂はしたが、霧が濃く残念ながら何も見えない。山小屋に戻り、今度は蓮華岳へ。隣の山なのに、植生や岩や石の感じが違う。緩やかな尾根。小さなコマクサが出迎えてくれた。控えめな感じがほっこりする。下り中、少し晴れ間が見え隠れしてきた。青空がとても恋しい。

夕食は神田シェフのすき焼きを頬張る。エネルギー注入。肉を食える奴が山を制する!牛肉パワーを改めて実感。

夜中3時、満天の星空。これはご来光が拝めそう。暗い中、もう一度、針ノ木岳へアタック。途中、霧が湧いてきて無理かな~と諦めそうになりながら、徐々に空が明るくなってきた。針ノ木岳の全貌も見えてきた。尾根が続いているこの感じ、待ってたよー!!山頂では、槍ヶ岳や立山連峰がお目見え。ここに立っている贅沢に感謝。北アルプス最高! 

タグ:

|

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。