3日 物見山・日和田山・巾着田

<山行報告> 物見山・日和田山・巾着田(里山めぐりと花見山行)

2016年4月3日(日) 朝は雨、のち、くもり

メンバー: Kリーダー、I、K(記録)

コースタイム:東吾野駅9:34~10:32橋本山~10:58ユガテ~11:47北向地蔵~12:19物見山~12:57日和田山~13:40巾着田14:58~15:17高麗駅

当初の計画ではトレランやって、温泉で仕上げる予定でしたが、それらは取りやめて、物見山と日和田山に登って、巾着田に行って花見で締める通常のハイキング山行に変更しました。前日の天気予報によれば終日くもりでしたが、当日朝に自宅を出る時は雨が降っていました。雨中山行になるかと思いましたが、電車が飯能に着くころには雨は上がっていました。

東吾野駅に集合し、国道に出たら左に曲がって福徳寺に通じる林道を行くのが通常のルートですが、新しい地図には右に曲がるルートが書かれていましたので、今回はそちらを選択しました。国道を右に曲がったものの、登山口が見つからずしばらくウロウロしていましたが、吾那神社の脇に登山道の標識がありました。標識には「虎秀やまめクラブ」とあり、このクラブが古道(飛脚道)を復活したようで、とてもよく整備されていました。道中、色々な花が咲いていましたが、牡丹が印象的でした。登山口から40分ほど登ったところが橋本山です。山というには微妙なピークですが、見晴台ということで見晴らしはよさそうです(当日は曇っていて見えませんでしたが)。

次の目的地がユガテです。ここは奥武蔵の桃源郷といわれるところで山間に平地が広がり、畑が耕され花が植えられています。私が以前来た時よりも畑の面積と咲いている花が増えているような気がしました。ここはいつ来てものんびりした気分になります。

ユガテからは進路を東に変えて、北向地蔵を経て物見山へ向かいます。北向地蔵からはおおむね平坦な道で歩きやすいです。いつもの休日ならば多くの人がいるのですが、朝が雨だったためか、あまり人は見かけませんでした。物見山に着いた時点で昼を過ぎていましたが、ランチ&小宴会は最終目的地の巾着田に着いてからにしました。物見山から日和田山に行き、男坂を下山しました。

巾着田の桜は満開で、人も少なかったので、ゆったりと花見ができました。

正しい休日の過ごし方を実践したような一日でした。

KリーダーとIさんとは楽しい時間を共有させていただきました。ありがとうございました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ