27日 加入道山~大室山

<メンバー>
リーダー:K田、K浪、S藤貴(お試し)、Y川

<コースタイム>
道志の湯登山口8:00 ~8:48あずまや ~10:32白石峠への分岐 ~10:48  加入道山(避難小屋)11:33 ~11:57前大室 ~12:21加入道山 ~12:40  白石峠への分岐 ~13:29あずまや ~14:03道志の湯登山口

今回、西丹沢の奥にある山ということで、1月22日の関東に降った大雪で、登山口に行くまでは大変なのではないかと思っていました。道志の湯までの道路はバス通りであるため、除雪がきれいに行われていました。しかしながら、奥に奥に車で入っていき、登山口の駐車場は2ヵ所とも、除雪されておらず、道志の湯の駐車場に車を停めさせてもらいました。

登り始めてから、すぐ雪の道になりました。新雪をキュキュと歩いているうちはよかったですが、雪が足首から膝ぐらいに、だんだん深くなっていきました。先頭のラッセルをK田さんから、一人ずつ交代していき、先頭の大変さを思い知ることとなりました。白石峠に続く道では、滑って歩くのが大変でした。進行方向の右側が落ちそうな場所で、私は亀のように足と手で踏ん張り、止まってしまいました。神田さんのポールに助けられ、なんとか通ることができました。後ろにいた佐藤さん、あせらせてしまいましたね。その後、加入道山頂上避難小屋で昼食をとりました。先に避難小屋に一人登山者がいて、大室山に途中まで行ったけれど、腰までの雪になってきたので、引き返してこのまま戻るようでした。休憩後、私たちも大室山への道を進んでみましたが、前大室までのコースタイムは15分で行けるところを30分かかっていました。雪も膝を上げるだけでは、足が抜けないような深さになってきているので、大室山までは行かずに引き返すことにしました。そのような中、景色は富士山がきれいに見えました。快晴で風もなく、天気と景色は申し分ありませんでした。引き返してから、避難小屋付近で二人の登山者に会いました。その人たちも加入道山までで下りると言っていました。下りは軽アイゼンをつけて、踏み跡をたどって、どんどん下りてきました。途中、私のポールが折れてしまいました。いろいろあるものです。

今回、参加を希望したときは、雪山登山になるとは思ってもいませんでした。ですが、関東に大雪が降るということは、丹沢は当然こうなるのですね、ということを体験いたしました。一緒にご同行してくださったK田さん、K浪さん、S藤さん、お世話になりました。ありがとうございました。



私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。