27日(土)~28日(日) 尾ノ内沢から登る両神山

<山行報告>  日本百名山   両 神 山  (尾ノ内渓谷から行くバリエーションルート)

日にち : 平成31年4月28(土)

参加者 : 2名

コースタイム : 尾ノ内渓谷駐車場7:45 ~ 9:22油滝 ~ 11:30八丁尾根(八日見神社奥社 ) ~ 12:07東岳 ~ 12:39両神山頂上13:04 ~ 13:50八日見神社奥社 ~ 15:18油滝 ~ 17:11尾ノ内渓谷駐車場

 以前から行ってみたかった両神山、鎖場が多くてしかもバリエーションルート、楽しみなのとちょっと緊張もあって、早めに寝たり準備をしたりして当日を迎えました。

 参加者はK田Lと私という贅沢な山行。尾ノ内渓谷からK田さんいわく"普通のバリエーションルート"を、油滝から先は"普通じゃないバリエーションルート"を行くのだそう。想像がつかないけど...どんなかな??

 まずは普通のバリエーションルートへ。私の目測で幅20センチもない狭いトラバース、落ち葉が斜面全体を覆っていて踏み外すと沢まで行ってしまうような危うい道、登山道とは思えない...。普通のバリエーションルートというけれど、最初から緊張の連続です。斜面に対して寄りかかるように歩いてしまうくらいへっぴり腰になってしまいました。

 油滝を過ぎて、普通じゃないバリエーションルートへ。まるで沢登りのツメのような超急登。しっかりとした登山道なんてなく所々のテープがあるのみ。そしてまたさらに狭くなった道幅に、そこらじゅうに氷柱が垂れ下がるツルツルのトラバースが...。ヘルメット、ハーネスを装着!素直にK田さんにローププリーズのアピール(笑)ロープの安心感ってすごい!百人力を得てクリアしました!

 さらに登って八日見神社奥社で八丁峠コースと合流、ここからは鎖場がたくさんです。破線のバリエーションルートと一般ルートはここまで違うのかと思うほど、整備されていてワクワクするような楽しい鎖場に感じました。お天気も良く稜線ではアルプスの山々がどれがどれだかわからないくらいたくさん見えすぎてテンションが上がりまくりです。山頂では富士山もアルプスも見える大パノラマを堪能し、たくさんの記念写真を撮って下山することにしました。

 往路を戻り八日見神社奥社から尾ノ内ルートに入り、またまた緊張の連続、難しい急登を下ります。普通じゃないバリエーションルートを終え油滝で一息。登り始めて既に8時間が経過、下山まであと1時間半頑張ろう!と思った矢先、浮石に足を取られて...平成最後の登山で初めての滑落をしてしまいました。スローモーションで地面に近づいていき、次の瞬間に視界が真っ暗になると同時に衝撃!遠くにK田さんの心配する声が聞こえました。若干怪我をしたものの、K田さんにいつも以上にお気遣いをいただき、暗くなる前になんとか下山することができました。

 ヘルメットをしていたけれどなぜか顔面から地面に激突するなんて...次からはフルフェイスのヘルメットを...なんて冗談はさておき、おかげさまで大事には至らず、K田さんをはじめ皆さんにご心配をおかけしてすみませんでした。気を抜いたとか油断したという意識はなかったのですが、気づかずに過信していた体力的な疲労や緊張続きでの疲れがあったのかもしれません。思い返せば朝の支度のときに、うちのニャンコが棚に登り損ねて珍しく落っこちたんです。気をつけてねっていうサインだったのかも知れません。

 尻餅をついたお尻が痛くて、この数週間は山行にも飲み会にも参加できず悶々と過ごしてました。怪我なく健康、元気が1番です。これから夏山シーズン到来です、皆さんもくれぐれもお気をつけください!

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。