26日(水) 水根沢谷 リーダー:神田

<山行計画>   沢登り教室!初心者大歓迎!

8月26日(水) 多摩川 水根沢谷

水根沢谷は、石尾根の水根山の南面の水を集め、幾度も大きく屈曲しながら小河内ダム下へ注いでいます。落差のある滝こそありませんが、小滝のほとんどは大きな釜を有し、水流通しに遡行するのは本当に楽しい沢です。

下流は両岸が狭まり、暗いゴルジュを形成して、奥多摩の沢の中にあっては特異な存在で面白く、ワクワクさせられる場面が、此処彼処に溢れています。

暑い日に泳ぎを覚悟して遡行すれば上級者でも楽しめる沢でもあり、もちろん初心者にとっても沢体験にはうってつけのルートです。

予定コースは、水根沢キャンプ場~半円ノ滝~水根沢林道経由で水根沢キャンプ場です。(通常遡行時間約2時間30分、下山時間約30分)

初体験の方も勇気出してご参加ください。初心者でも根性だけあれば誰でも楽しめます。是非、沢登り未体験者の方は、この機会に沢体験をしてみてください。

東京近郊で一番、沢登りを楽しめる沢として、お勧めのルートです。

<集合> JR武蔵野線 東所沢駅 サンクス前 6:00  (青梅線 青梅駅 7:30、奥多摩駅 8:20 でもOK)

<個人装備>

(必携)地図、コンパス、沢靴、ヘルメット、ハーネス、ロングスリング1本、ショートスリング3本、カラビナ3枚、環付ビナ1枚、下降器(エイト環など)、雨具、水筒、行動食、非常食、ポリ袋等の防水対策品、着替え、タオル、ヘッドライト、(あったら良いかな?・笛)、山岳保険には必ず加入しておいて下さい。

その他、装備についてはご遠慮なくご相談ください。

ヘルメット・ハーネス・カラビナ3枚・環付ビナ1枚・下降器は会装備にmあります。また、カラビナやスリングは個人的に貸し出します。

沢登り初めての方は、沢靴だけ用意してもらえれば、あとは何とかします。

 

<共同装備>

8ミリ30Mザイル1本、ツェルト、レスキューシート、ガスコンロ、ガスボンベ、コッフェル、赤布、すて縄、救急医療品、固形燃料、新聞紙、マッチ、ラジオ、デジタルカメラ、GPS、携帯電話

 

<交通費> 燃料費・車両費合計4,000円を参加者で人数割り。

 

参加申込・お問い合わせは、8月の集会、または「神田」まで。

 

 

 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ