26日 日向山

<山行報告> 日向山~鐘ヶ嶽

日程: 2015年12月26日(土)   天気:晴れ

メンバー:S(リーダー)、S、F、K、I(記)

コースタイム:日向薬師バス停 9:00~9:20日向薬師~10:00日向山~10:35大釜弁財天~11:10トンネル~12:07鐘ヶ嶽(ランチ)12:50~12:55七沢神社~14:03七沢温泉七沢荘

小田急線伊勢原駅からバスで日向薬師へ、バスを降りてまずは日本三大薬師のひとつ日向薬師へ向かいました。山門をくぐると古い石段、両側には古木が立ち並び、平安初期に建てられたというだけあって歴史を感じさせる参道です。国重文の薬師如来などがあるというので楽しみにしていたのですが、本殿は平成の大改修中ということで見ることができず、残念でした。

薬師を通り過ぎ、さらに石段が続きますが、石が全体に苔に覆われ、角が丸くなって波状になった道でした。駐車場を抜け樹林帯の登山道に入ります。少し傾斜がきつくなってきたなあと思ったら、あっという間に日向山山頂に到着。江の島やランドマークタワーが良く見えました。

わずか1時間で1座登頂、今日はらくらく登山かな?いえいえ、安心してください。もう1座のぼりますよ。ということで、皆で写真を撮った後、鐘ヶ嶽へ向けて出発したのでした。

緩やかな道を下りると林道に出て、しばらく川沿いの林道を歩くと、途中大釜弁財天がありました。立ち寄ると薄暗い岩の隙間の滝つぼにご神体が祭られていました。しばらく歩いたところで看板を見て現在地を確認すると、おや?鐘ヶ嶽への分岐を通り過ぎているではありませんか!5~6分引き返すことになりました。山の神隧道という薄暗いトンネルがあり、霊感はありませんが、いかにも何か出てきそうです。幸い我々はトンネルの手前を左に折れ、トンネルを通らずに済んでほっとしました。しかし、ここから傾斜のきつい登りがしばらく続きました。足が重くなってきた頃、稜線に出て木々の間からは西に大山方面、東に厚木の街が眺められました。鐘ヶ嶽山頂は展望はよくありませんでしたが、テーブルとベンチが置いてあり、座ってゆっくりランチをすることができました。

山頂をあとにするとすぐに浅間神社(七沢神社)があり、こちらは新宿ビル群や横浜ランドマークタワーなど見渡すことができました。ここから浅間神社の参道を下りますが、ここが本日一番の難所でした。石段の石がひどく傾いていたり、傾斜がきつくしかも石の幅が狭く、手すりもないので、ゆっくり慎重におりていかなければなりませんでした。なんとか石段を降り切り、鐘ヶ嶽登山口バス停まで歩きます。途中「○丁目」と書かれた仏像の乗った石碑が建っていて(中には仏像がなくなっているものもあり)こちらも歴史を感じる道でした。

下山後は日帰り温泉の七沢荘をめざしますが、場所がいまいちよくわからず、リーダーの「たぶんこっち」という予想がずばり的中、複雑な道を迷うことなく七沢荘に到着したのでした。泉質はぬるぬるの美肌になりそうな温泉で一日の汗を流して帰りました。リーダーと御同行の皆様、ありがとうございました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ