26日 ハマイバ丸

<山行報告> 大蔵高丸 (標高1781m)  ハマイバ丸(標高1752m) 山梨県

■メンバー: F(リーダー/記)、K

■日 時 : 2016年6月26日(日) 晴れ

■コースタイム: 9:25湯ノ沢峠登山口 → 10:15湯ノ沢峠 → 11:00大蔵高丸 → 11:30ハマイバ丸 → 12:00天下石(昼食) → 13:00大谷ヶ丸 → 13:45コンドウ丸 → 14:15大鹿山手前下山路分岐 → 15:10景徳院

今年の梅雨は空梅雨の様相。これまでの山行では天気に頭を悩ませていましたが、今回は梅雨の時期にも関わらずお悩み無用、計画通り決行と相成りました。

高尾駅から乗った下り列車は登山客満載です、私はと言うといつも通り車中爆睡し集合場所の甲斐大和駅に到着。ここでKさんと合流。

駅に着いたは良いが駅前にはタクシーが待機していません。事前にタクシー会社に問い合わせ、駅前には客待ちのタクシーが止まっていますと案内されたのは何だったのかな~と思いつつ電話でタクシーを呼びました。ほどなくタクシーが到着し駅を後にします。

登山口までの道中、タクシーの運転手さんより『あそこらへんには熊の巣がある。熊の目撃情報が数件ある。』との有り難くない情報をいただき、登山口につきタクシー下車。

(タクシー料金:甲斐大和駅→湯ノ沢峠登山口¥3,880)

タクシーから降りるや否や二人とも熊鈴を着けたのは言うまでもありません。

湯ノ沢峠まで約1時間、せせらぎに沿って登っていきます。登山道脇には背丈1m程の笹藪が生い茂っており、熊が出ないか目を凝らしてましたが杞憂に終わりヤレヤレでした。

湯ノ沢峠は避難小屋、水場、トイレ、駐車場(ここまで車で来れます)があり快適。歩を進め峠から40分で大蔵高丸に到着です。山頂は草原状でマルっと見渡せとても気持ち良い山頂でした。ここにはお花畑があるのですが、アザミが少し咲いていた程度で時期が外れていたよう。

山頂は湿度が低く爽やか涼しいを通り越して寒い位でした。

この後、ハマイバ丸、大谷ヶ丸、コンドウ丸と丸をつないで下山しました。

当初予定していた立ち寄り温泉田野の湯はお休みでした。リサーチ不足だったのは今後の反省材料です。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ