24日(土)~25(日)針ノ木岳~赤沢岳~鳴沢岳 リーダー:K田

北アルプス 針ノ木岳~赤沢岳~鳴沢岳

 標高2821mの針ノ木岳は、後立山連峰の南端に位置し、黒部湖をはさんで立山連峰と体列している名峰です。山頂からは360度の大展望が楽しめ、間近に迫る立山連峰と劔岳の眺望は、ダイナミックなスケールで、圧倒的ボリュームで迫ります。今回のルートである針ノ木雪渓は、日本三大雪渓のひとつで、夏の季節でも吹く風は冷たく、雪渓登攀の醍醐味を充分に楽しむ事ができます。
 また、日本二百名山、新・花の百名山にも選定され、可憐に咲く高山植物も豊富で、針ノ木小屋から針ノ木岳への登山道には数多くのお花畑が見られます。
 針ノ木岳からスバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳~種池山荘まで、すべての山頂は開けていて、立山三山や剱岳をはじめとする北アルプスの山々を360度のパノラマで広く望むことが出来るうえ、特に困難な個所はありませんので、登山初心者でも問題なく通過できる素晴らしく眺望に恵まれた好ルートです。

<コース>
交通手段は車利用(関越・上信越・長野道利用)(募集人員4名まで)

(8/24) 扇沢 ~ 大沢小屋 ~ 針ノ木小屋 (テント泊or山小屋泊選択自由)

(8/25) 針ノ木小屋 ~ 針ノ木岳 ~ スバリ岳 ~ 赤沢岳 ~ 鳴沢岳 ~岩小屋沢岳 ~ 種池山荘 ~ 扇沢 
(下山後温泉入浴あり)
(標準コースタイム 8/24 : 5時間、8/25 : 9時間50分)
 
<集 合> 
8月24日(土) 午前6時00分 JR武蔵野線「新座駅」南口

<個人装備>
夏山一泊登山装備一式、軽アイゼン、(ストック)、防寒着、手袋、行動食、非常食、飲料、救急医薬品、温泉セット
(テント泊者はシュラフ、個人マット、食器セット、炊事用水筒)
(テント泊者&山小屋自炊者の食糧については相談)
(針ノ木小屋でテント泊者も食事ができます)

<共同装備> 
テント装備一式、調理器具一式

<交通費> 
往復約600kmの燃料費・車両費・高速代の合計を人数割り
山行リーダー : K田
参加申込・お問い合わせは、6月・7月・8月の集会、またはK田まで。
 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ