23日 岩櫃山(いわびつやま) 802m リーダー:S藤

 吾妻地方を代表する景勝の岩山です。この山は、岩櫃城という城があったのですが、戦国時代の有名な武将真田家の城で、小説「真田太平記」、大河ドラマ「真田丸」で一躍脚光をあびました。山の南面は200㍍の絶壁、奇岩も多く、山のみならず、頂上からの眺望も期待できます。登りの密岩通り登山道は、岩場鎖場(要注意!)のワンダーランドです。晩秋の澄んだ空気と景色を楽しみましょう。

【集 合】
11月23日(金・祝) AM6:15ころ JR中央線 武蔵境駅北口ロータリー
*車で行きます。集合時間・場所は参加者で応相談。
(参加者がもし5人を超えた場合、他の車手配が必要です。)
 高速道路に向かう際、西武新宿線(東伏見駅)を通りますので、西武線のほうが便利な方はピックアップ可能。

【コース】
三鷹→関越道練馬IC→渋川伊香保IC→国道17、県道35経由、群馬郷原駅郷原古谷P~古谷T字路~密岩通り登山口~天狗の架け橋~岩櫃山頂上~櫃の口(天狗の蹴上げ岩)~岩櫃城本丸跡~尾根通り~赤岩通り分岐~赤岩通り登山口~郷原古谷P 

コースタイム:約4時間30分)
登山地図に載っていない山のため、地形図を持って行きます。帰路は往路を戻る。帰りに「岩櫃城温泉くつろぎ館」で入浴予定。

【装 備】
 一般ハイキング装備(雨具、昼食、飲み物、防寒着など)、温泉セット

【交通費】
 車両費・ガソリン代・高速代等実費を人数割り。

【問い合わせ】S藤まで 直接連絡もしくは集会で!

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ