23日 三窪高原~倉掛山

<日程> 2016年10月23日(日)

<メンバー> リーダーS水、T田、I上、K藤、G藤(お試し)、T舘(記)

<コースタイム> 柳沢峠9:30~柳沢ノ頭10:02~ハンゼの頭10:18~板橋峠   11:07~倉掛山12:50~白沢峠13:20~白沢橋14:40~14:50    塩山行きバス乗車~塩山駅15:40着

「関東の富士見百景」に選定された眺望の素晴らしい三窪高原。心躍らせながら、塩山駅からバスに乗車し、登山口を目指しました。9:30、柳沢峠登山口を出発。登山道はさほどきつくなく、快調に登っていきました。柳沢ノ頭を通過し、標高1,650m地点のハンゼノ頭展望台に到着。当日は快晴でしたので、富士山はもちろん、横一線に甲斐駒等の南アルプスが広がります。素晴らしい眺望を楽しむことができました!その後、板橋峠への道は、開放感のある草原のような防火帯が続きます。お気楽ハイキング登山のつもりで参加したのですが(笑)、急な下りや小さなアップダウンが多く、前半から予想以上に体力を消耗しました。いよいよ倉掛山山頂手前に着きますと、長~い急登が目の前に。「最後の急登だけど、だいぶ体力を消耗しているから、登りきれるかなぁ。」と心配していましたが、S水リーダーの「ここでお昼にして、休憩してからあの急登を登りきりましょう。」との一言で、救われました(笑)。昼食後、充電をしてから何とか急登を登りきり、倉掛山に到着。山頂は見晴らしが良く、富士山も綺麗に見ることができました。

 下りは別のコースで。白沢峠へ向かいました。白沢峠には、荷台から山桜の木が突き出ている廃トラックがありました。進駐軍の軍用車が払い下げられ、造林作業で使用されたものがそのまま放置されたそうです。トラックマニアの間では有名で、まるで遺跡のようでした。白沢峠を過ぎ、終点の白沢橋へ向かいますが、ここからがキツかった!道はとても狭く、小さな岩がでこぼこで、荒れた登山道でした。ところどころに隙間だらけの桟橋があり、足を滑らせたら谷底へ真っ逆さま~ドキドキしながら慎重に歩を進めました。しだいに沢の音が聞こえるようになり、美しい滝を見ながら林道を歩き続け、終点の白沢橋に到着しました。

 S水リーダー、ご一緒させて頂いた皆さん、大変お世話様でした。とても楽しい山行でした!ありがとうございました。 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ