22日~23日 北アルプス 唐松岳 リーダー:K田

 北アルプス 標高2695.9m
白馬村の八方尾根を上り詰めた地点にある標高2695.9mの唐松岳からは、北には白馬三山の白馬鑓ヶ岳、南には五竜岳、西には黒部峡谷を挟んで剱岳が聳えます。
八方尾根は、最初からずっと360度の白銀に輝く神々しい山嶺に囲まれながら、山頂を目指すご機嫌なルートです。広い尾根歩きが多く、技術的にも困難なポイントが少ないため、積雪・残雪期でも、比較的容易に山頂へ立てる人気の山となっていますが、山頂に近付けば近付くほど強風に曝されることが予想されますので、防寒・防風対策を万全にして挑みましょう。(天気予報によっては12/23~24に順延もあります。)

<コ ー ス>
12/22 白馬八方尾根スキー場 → (ゴンドラ&リフト) → 八方池山荘 ~ 八方池~ 下の樺付近(テント設営)      (夏のコースタイム : 2時間00分)
12/23 下の樺付近 ~ 上の樺 ~ 丸山 ~ 唐松岳頂上山荘 ~ 唐松岳 ~(往路を戻る) ~ (テント撤収) ~ 八方池山荘 → (リフト&ゴンドラ) →白馬八方尾根スキー場          
(夏のコースタイム : 4時間50分)

<集  合> 12月22日(土) 午前6時 武蔵野線「新座駅」南口

<個人装備> 雪山テント泊登山装備一式(肌の露出は完璧に無くしてください)、ワカンorスノーシュー、ピッケル、アイゼン、ハーネス、環付カラビナ、(ストックあると便利)、炊事用水2リットル以上(凍結防止配慮)、行動食、飲料(保温水筒)、温泉セット(下山後に入浴)(ハーネス&環付カラビナを持っていない方には会装備レンタル可能)

<共同装備> テント装備一式、ガソリンボンベ&バーナー、ガソリン、コッフェル、12/22夜&12/23朝の食材、20m補助ロープ、長短スリング数本、カラビナ数枚、救急医薬品、GPS、レスキューシート、ツェルト

<交 通 費>  往復約500kmの燃料費・車両費・高速代の合計を人数割り
           (白馬八方尾根スキー場のゴンドラ&リフト代は各自)

<山行リーダー> K田
参加申込・お問い合わせは、11月・12月の集会、または直接「K田」まで。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ