22日 武甲山

武甲山   2016年5月22日(日) 晴れ

メンバー   T(L)、S、T、S、S、S、F、K

コースタイム 西武秩父駅8:20=一の鳥居8:55~登山口9:15~大杉の広場10:00~10:50武甲山11:45~長者屋敷の頭13:20~林道出会13:45~鍾乳洞14:30~浦山口駅15:10=御花畑駅15:16=西武秩父駅15:51

武甲山は人でたいへん!

西武秩父駅からタクシー(2800円)で一の鳥居まで入る。途中の横瀬駅から歩く人を追い越していく。一の鳥居の駐車場は車であふれている。今日は「秩父鉄道ハイキングの会」の催しで、横瀬駅からバスでピストン輸送しているおかげで、結構な人である。

これからは一丁目から五十二丁目までの石柱を目安に登る事になる。登山口までは歩きやすい林道歩きとなり、登山口からは本格的な登山道が始まる。不動滝の水場では水の入ったペットボトルが置いてあり、頂上のトイレまでお持ち下さいとの事で、Sさんが一本担ぎあげた。

杉林の中を登って行くと、三十三丁目の大杉の広場に出る。中央に杉の大木がそそり立っていた。なおも杉木立の急斜面を登って行くと、尾根上の分岐に出る。右に行くと日本武尊やまとたけるを祭る「武甲山御嶽神社」が建っている。近くにある山頂トイレは水不足のため閉鎖されていた。不動滝からペットボトルの水を運んでトイレのマンホールに水を注ぎこむのです。武甲山を登った時は協力してね……。

武甲山山頂からは、眼下に秩父市街が広がっている。神社の広場まで戻り昼飯をとるも人がどんどん上ってくるので、高尾山状態になってきたのだ!

武甲山ノ肩から新参道を下って行くと、右にカラマツ林、左にスギ林の尾根道は快適なり、尾根から林道へと急降下の連続。ジグザグを繰り返し、橋立川の流れに出る。滝もあり涼しく休むにはいいところである。川ぞいにしばらく行くと林道に出る。予想に反して木がしげり、木陰を作っていた。

途中の「ソフトクリーム」の看板にひかれて、茶屋に入りこみソフトクリームをいただく、ついでに橋立鍾乳洞(200円)を見学することに、中に入ると涼しいのであったが、非常に狭いのである。ほとんどはいつくばって進み、手が泥で汚れてしまった。浦山口駅では、発車一分前に着くも乗れました。西武秩父駅は工事中で、温泉施設が2017年春オープンとの事で、これからは温泉に入って帰れるかもね……。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。