22日(土) 月夜見沢

<山行報告> 8 月 22 日(土)

月夜見沢 メンバー:5名

コースタイム:落合橋 10:00〜11:00 堰堤〜13:10 終了点〜落合橋 13:44

昨年買った沢靴を眠らせたまま1年。。。 ついに沢デビューの日が来ました。 寒くないかな・・怖いところ無いかな・・・着衣水泳って、難しくないのかな・・・ 不安を持ちながら、さあ! いよいよ水に足を。 ジャララララララ・・・ 入水! 水の中は足元の岩や石がよく見えないからバランスをとるのが難しい。でも楽しいᖩᖪᖫ チャポチャポチャポ、脇に避ければ水のない所も歩けるのに、でも水の中を歩くのだ。 子供の頃 水たまりが楽しかった、そんな気持ち。 水深は膝まで来たり、腰まで浸かったり、そしてまた足首にまでもどったり。 岩の隙間から流れ出る小さな滝を見つけては、水しぶきを浴びながらよじ登ったり。 そして、初めての「滝」らしい、1mくらいの小さな滝が現れました。 ねぇねぇ写真撮って~ᖩᖪᖫ 滝壺で水しぶきと水泡を全身に浴びて写真をパチリ! ここ、どうやって登るんだろう? でも、滝を跨ぎ、両手両足を両脇の岩に押し当てて 突っ張り、意外と簡単に登れました。つっぱる事がたった一つの勲章なのだ。♪♪♪ そして二つ目の滝。 ここの滝の前は足がつかない程の水深がありました。 水泳部、SK子。仰向けになってプカプカプカプカ、気持ちいーーーーーー! そして、登った滝を滑り台にして、バシャーーーーーン! これ、完全に子供。 そんな沢歩きを続けていると、探していた蔓のブランコを発見! よっこらしょ! と よじ登り、ターザン気分で写真撮影です。 やってみたかった夢が叶いました。 そしてまた、滝現る! 今度の滝も、高さは無いものの、岩が垂直に立っていて、どうや って登ればいいんだろう? 脇に避けるルートもあるけど、でもこの岩を登りたい! 足を掛けてよいしょ! え、私の力じゃ登れない・・・ 動けなくなったところでK田さんにググググと引っ張られ、両足外れ、完全他力本願。 釣られた魚のごとく陸揚げされました。 そんなこんなを繰り返し、楽しい時間もいよいよ終盤に。。。水深の深い場所を見つけては 首まで浸かり、滝を見つけては水しぶきを浴び、沢歩きはここまで。 渓流に名残を惜しみつつ、下りは沢沿いの車道を歩いて戻りました。 「バイバ~~~イ 月夜見沢君! また来るからね~~~~!」

 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。