19日 霧ヶ峰・蓼科山

日程:2015年7月19日(日)

天候:霧ヶ峰,晴れ / 蓼科山.小雨⇒雨

メンバー:リーダーS、T、Y、S、S≪記録≫

コースタイム:小手指駅5:45=車山肩P8:45、出発9:10~車山山頂10:12~車山乗越10:44~車山肩P11:03、昼食後出発12:15=蓼科山七合目登山口12:55、出発13:05~将軍平(蓼科山荘)14:22~七合目登山口15:55

雨上がりの空に虹を眺めながら小手指駅を出発。3連休に快晴が後押ししてか、車山肩Pに到着すると観光客で大混雑。

駐車後は車山山頂を目指し緩やかな傾斜を歩き始め、ニッコウキスゲが咲誇る草原と大空のコントラストが美しい風景を満喫しながらあっという間に山頂へ。混雑中の山頂では写真撮影とお賽銭に列ができておりましたが、行列も含めてイベントなのか、周囲の登山客も皆ご満悦のご様子。

山頂からは上りとは別ルートで車山肩PにUターン、カフェ「コロポックルヒュッテ」でボルシチと焼きたてのパンをおいしく頂きました。

昼食後は車で蓼科山七合目に向かいます。

蓼科山七合目に着くと天気は生憎の雨模様。しかしいざ上り始めると、霧がかった雨のおかげか苔生した岩肌や倒木までもが美しく、霧ヶ峰とは打って変わって静けさが漂うこれまた美しい景観に魅了されました。

ボルシチのおかげで体温も温まっており、雨でよかったとすら思える充実のひと時でした。

ただ景観の美しさと安全面は別の話で、急登に転がる岩が雨に濡れており、足をとられやすい為要注意です。

急登を越えて蓼科山荘に到着するとついに雨が本降りに、山頂は諦め下山。下山中もやはり濡れた岩に足をとられますが、都度休憩をとりいれつつ怪我なく七合目登山口に無事帰還。

小斉の湯に立ち寄り疲れを癒し、帰りは高速の大渋滞に巻き込まれつつ終電前に駅に到着。大変充実した一日となりました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ