15日(土) 鈴ケ岳

<山行報告> 鈴ヶ岳
日程:2020/2/15 
参加メンバー:4名
コースタイム:鈴ヶが岳登山口駐車場8:58~9:21姥子峠~9:58鍬柄山~10:40大ダルミ~11:15鈴ヶ岳12:15~13:57姥子峠~14:09鈴ヶ岳登山口駐車場

 駐車場道を挟んですぐのところが登山口になります。スタートから早速雪の上を歩きます。トレースがありますが一歩間違えるとズボっと足が雪に埋もれます。新雪ではないので大丈夫かなと思っていましたが、思わぬところで、ズボっ、ズボっ・・深いところでは、ひざのあたりまで埋もれます。足を抜くのに体力がいりましたが、久しぶりの雪を楽しみながら歩きました。

鍬柄山に到着すると、黒檜山・駒ケ岳、手前に赤城大沼。赤城大沼ではワカサギ釣りを楽しんでいる人たちが点々と小さく見えました。暖冬で雪は少なかったので、ノーアイゼンで登ってきましたが、ここで装着することに。アイゼン初心者なので、リーダーにアイゼンをつけた時の歩き方を教わります。足幅は広めに、前爪を引っ掛けないようにきちんと足を上げて歩く、足を置くときは着地面と平行に・・フムフム。まだアイゼンに慣れないうちに難所のやせ尾根があらわれます。細く急な下り斜面に加え、雪と岩のコンボ。アイゼンはこの斜面に耐えられるのか??岩の上は滑らない??と不安いっぱいでしたが、リーダーの「大丈夫だから!」の声を信じ、ゆっくり、恐る恐る歩きます。そしてアイゼンは優秀で、時間はかかりましたが無事に通過できました。

その後もロープありの岩場に苦労しましたが、鈴が岳山頂に到着。鈴嶽山神社、赤城山大神、愛宕山大神の大きな石碑が3つあり。かつては信仰の山だったそうです。写真をとり、ここでランチ。冬山といえば寒さで急いでのランチ・・のイメージでしたが、風がほとんどなかったため、谷川岳や日光白根山など景色を楽しみながらのゆっくりランチを満喫できました。夏場だったら草木が生い茂って、この景色は見れなったかもしれません。

 途中途中でパノラマ景色を楽しみつつ下山、行きとは違った雲海のような景色も広がり最高でした。最後に待っていたのは初体験のシリセード。結構スピードがでてスリルあり、でも楽しくて笑いが止まらない。大人になってもまだまだ知らないお楽しみがあるものですね~。

 天気のよい冬山を満喫できた楽しい1日でした。ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました!

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。