14日 浅間嶺と払沢の滝 リーダー:S藤(K)、M山

奥多摩で新年山行
浅間嶺と払沢の滝

浅間尾根はかつて中甲州街道と呼ばれ、五日市と小河内を結んだ歴史のある道です。冬の陽だまりの中、古い街道の面影が残る尾根歩きをのんびり楽しみましょう。「払沢の滝」は日本の滝100選に選ばれています。毎年、氷結する日を当てるクイズが行われることで有名です。さて、今年は…。

【山行地】 浅間嶺 標高903m

【山行日】 1月14日(日) 日帰り 雨天中止

【集合】
AM8時45分 JR武蔵五日市駅
9:00発 数馬行き①バス停

【コース】
武蔵五日市駅=人里バス停~(0.50)人里峠~(0.30)浅間嶺~(1.20)時坂峠~(1.45)払沢の滝~(0.15)払沢の滝入り口=武蔵五日市駅
(歩く時間は3時間40分)

【装備】 雨具上下、地図、水筒、お弁当、非常食、防寒具、アイゼン

【費用】 *約1700円(立川駅起点)

【山行リーダー】S藤(K)、M山
参加申し込みは12月、1月の集会または、直接S藤(K)、M山まで。
       
*2018年新年山行です。下山後、ターミナル駅拝島で 新年会を計画しています。ぜひ、皆さまご参加ください。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。