14日 権現山・不老山

権現山から不老山  2017年5月14日(日) 曇りのち晴

参加者 T(L)、T、Y

雨上がりの新緑は気持ちいいのだ!

 今回も三ツ峠山と同じく若い女性二人との山旅です。

 猿橋駅から浅川行のバスにのり、車窓から有名な日本三奇橋の「猿橋」を見ながら浅川の終点で降りる。

 浅川峠までは、最初は広い道だが途中からは細い山道となる。峠からは扇山と権現山との分岐となり、権現山方面へ歩みを進める。尾根道は左手に植林の針葉樹、右手に自然林の広葉樹が白いガスの中に広がる。ヒノキがビニールテープで、ぐるぐると巻かれているのは伐採木の目印か、シカの食害なのかな......

 急な登りをジグザグに登って行くと、ほどなく緩やかになってくるころ麻生山への分岐点になる尾根上に着く、ここから10分ほどで権現山の山頂に到着した。周囲を見渡すと真っ白で何も見えないのだ! ザンネン

 山頂から急斜面を下ると「()()王勢(おせ)(ろう)神社奥社」が現れた。地図では大ムレ権現とあるが? 和見分岐までは雨上がりの新緑が美しく、気持ちの良い尾根道が続いた。和見分岐で昼飯をとり、雨降山を往復するが、途中の「すみれの丘」で、小さなすみれの花を見つけてラッキーでした。

 分岐に戻りここから尾根を下って、途中で車道を渡りアカマツの林を通り高指山(たかさすやま)を目指す。山頂にあるベンチで休もうとしたら爺とおねえちゃんのグループがいたので......。「若い人たちは元気がいいわねー」と言われて、しかもイチゴをいただいたのである。

 不老山山頂では、今まで白いガスの中を歩いてきて、急に晴れて南側からぱっと視界が広がり、中央高速の談合坂SAが望める。ここからバス停までは、時間との戦いである。予定より少しのんびりしたので、間に合わないかもねーと思いつつガンガン下り、バス停に着いたときは予定通り10分前に着いたではないか。バンザイ!

 ついでに喉が乾いた方には、駅前に「一福食堂」がありますのでビールなどで......

コースタイム 猿橋駅8:18=8:50浅川バス停9:00~浅川峠9:50~権現山11:20~11:55和見分岐12:35~雨降山12:39~高指山13:50~不老山14:20~金毘羅神社14:50~15:20不老下バス停15:30=上野原駅15:55

〈メモ〉 猿橋駅~浅川(バス)590円  不老下~上野原駅(バス)490円 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。