11日 相模湖~高尾

<忘年山行>相模湖~高尾山

参加者:M川(リーダー)、I上(リーダー)、S藤(英)、S藤(め)、S藤(久)、S藤、K浪、H谷、Y田、F畑、K森、U田、S藤(繁)、N良、K藤、N山、S水、T舘、T田、I藤(記)、I橋

コースタイム:相模湖駅9:05 相模湖9:20-9:30 弁天橋9:55 小仏城山11:35-11:45 一丁平12:00-14:10 高尾山15:00-15:10 高尾山入り口16:30

恒例のプレゼント交換。くじを引いて貼られた番号のプレゼントを頂く。私は7番でY田さんからの黒猫ちゃんがちょこっと乗ったマグカップをゲット。とても可愛らしい。私は悩んだあげく、重いとわかっていながら750mlの甘酒をプレゼントに選んだ。日本酒で有名な獺祭を使った甘酒だ。こちらはT田さんの元へ。T田さんは宴会用に北海道の美味しいワインを持参してくれていた。宴会後、せっかく軽くなったのに、甘酒がリュックの中へ。下りも重さが変わらず大変申し訳ない。皆さん1,000円の予算でなかなかのプレゼントを用意していた。軽いものが多かった。さすがです!

高尾駅の次の相模湖駅に集合し、穏やかな雰囲気で相模湖に向かう。アルプスを登る時のような緊張感はなく、遠足気分。相模湖ではボート部が練習をしていた。弁天橋を越えて、登山口へ。山全体の紅葉は終わっていたが、ちらほら黄色や赤に色づく木が残っていた。最初のピーク城山へ到着。今日は冬晴れで青一色。美しい白い富士がくっきりと見えた。空気が澄んで遠くまで見渡せるのが冬の醍醐味。都心方面、スカイツリーもばっちり見えた。

そして、本日のメイン会場一丁平へ。お腹が空いてきた。もうすぐ12時でお昼どき。途中、他の登山者のランチからいい香りが漂う。高尾でお手軽に忘年山行をする人は多いのだろう。城山から一丁平までは15分ほどで着いた。テーブルを確保したら、各自分担の食材、鍋を出し合って手際よく鍋が作られた。M川さんがたっぷり豚バラ肉を背負ってきてくれたので、コクのある豆乳鍋に仕上がった。鍋の他にもS藤さんが焼き鳥を作ってくれた。私はS藤さんの横を陣取りいち早く焼き鳥をゲットした。

締めのうどんを食べ終え、高尾山へ。山頂で記念撮影をした。みんな笑顔が素晴らしい。下山は稲荷山コースをいく。お腹いっぱいで若干眠気が襲う。そんな時でもK森さんは最後までおしゃべり全開!元気な笑い声が鳴り響く。無事、ゲーブルカー乗り場まで下り、今年の忘年山行は終了。名残惜しさを後にして高尾駅で解散となった。

初リーダーのI上さん、M川さんお疲れ様でした。穏やかコンビのお陰でゆったりとした楽しい会山行となりました。ありがとうございました!

次回は、サバサバ系コンビのS水さん&I藤の新年山行。乞うご期待!


私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。