12日(土)~14日(月・祝) 下の廊下 リーダー:K田

  北アルプス 黒部川・下の廊下

黒部川は、鷲羽岳を源として最初の1滴が始まる、世界でも有数の急流です。
黒部ダムを境にして、上流を「上の廊下」、下流を「下の廊下」と呼び、更に薬師沢小屋より上の源流域は「奥の廊下」とも言います。
下の廊下は、黒四ダム(黒部ダム)~仙人ダムまでを「日電歩道」、仙人ダム~欅平までを「水平歩道」とも言います。そして、黒部ダムを作る上で、国の認可条件として、関西電力は、①黒部ダムの観光放流、②平の渡し船の無料渡船、③「日電歩道」「水平歩道」を国立公園歩道として改修し、毎年維持していく事とされたそうです。ちなみに毎年この歩道の維持に3000万円もかかるそうです。
この「下の廊下」のうち「日電歩道」を通れるのは、9月末~10月末の1ヶ月間しかありません。物凄い豪雪地帯のため、秋まで雪が解けず、ほんの数週間ですぐに冬が訪れるからです。
黒部の激流は、深い垂直な断崖を刻み込み、世界最悪気候と言われる山々に降った雪は、黒部の谷底目指し何百メートルも雪崩れてくるのです。その雪の量は想像を絶するものです。
そんな「下の廊下」を歩ける唯一のこの時期が、錦秋に彩られた最高に美しい季節でもあるのです。どこまでも続く驚愕の渓谷美に、きっと震えるほどの感動を覚えることでしょう。ぜひこの機会に、人生最高の思い出を作ってください。
参加される方は山行前に小説「高熱隧道」(作・吉村昭)を読むことをお勧めします。
テント泊・山小屋泊選択自由です。山小屋泊の方は各自で早めに予約をしてください。

<予定コース>  (募集人数4名まで)
(10/12) 新座駅 ~ 所沢IC ~ 麻績IC ~ 扇沢駐車場 ~ (立山黒部アルペンルート)~
黒部ダム ~ ロッジくろよん(テントまたは小屋泊)(45分)

(10/13) ロッジくろよん ~ 黒部ダム ~ 黒部ダム下 ~ 内蔵助谷出合 ~ 十字峡 ~S字峡 ~ 仙人谷ダム ~ 阿曽原温泉小屋(テントまたは小屋泊)(8時間10分)

(10/14) 阿曽原温泉小屋 ~ 欅平 ~ (黒部渓谷鉄道) ~ 宇奈月温泉 ~ 黒部IC~ 所沢IC ~ 新座駅          (5時間00分)

<集 合>
10月12日 午前7時00分 JR武蔵野線「新座駅」南口

<交通費>
所沢IC~麻績IC、黒部IC~所沢ICの各高速代、往復約650㎞+回送サービス150kmのガソリン代+車両費、扇沢~宇奈月温泉の車回送費(20,000円の予定)、宇奈月温泉駐車場代、以上合計約57,000円を人数割。
扇沢駅~黒部ダム駅1,540円、欅平駅~宇奈月駅1,980円は各人負担。

<個人装備> 
秋山テント泊または小屋泊縦走装備一式、3日分の行動食、非常食、飲料、(自炊者は食器&炊事用水筒)、救急医薬品、防寒着、お風呂セット、(荷物外付け禁止)

<共同装備>
  テント装備一式、ガスコンロ、ガスボンベ、コッフェルセット、レスキューシート、ツェルト、細引き、GPS、ラジオ、(テント泊&山小屋素泊まり者の朝食&夕食の食材は自炊者で相談)

山行リーダー:K田博  参加申込・ご質問は7・8・9・10月の集会または「K田」まで。

タグ:

| |

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ