10日 四ツ又山~鹿岳

<山行報告> 四ツ又山~鹿岳

[日程] 2015年5月10日(日)       [天気] 晴れ

[メンバー] k(L)・k・S(記録)

[コースタイム] 林道駐車場7:58~8:13四ツ又登山口~8:43天狗峠~9:13四ツ又山~10:00マメガタ峠~10:46一ノ岳(昼食)11:28~11:43二ノ岳~11:55展望台~12:55鹿岳登山口~13:00林道駐車場

  早朝6時、新座駅に集合し、一路群馬を目指して関越道をひた走ります。今日はゴールデンウィークの翌週のせいか、道が空いていて、あっと言う間に林道の駐車場に着きました。支度をして出発です。まずは四ツ又登山口まで車道を15分程歩いてから入山します。樹林帯の静かな道を登ります。これが結構な傾斜で、ずっと登りが続きます。地図でコースタイムを見ていた時は、小さな山だし、サクサクっと登って降りて来るのかなぁ~!?くらいに考えていたのですが、思っていた以上に無駄のない登りが続きました。黙々と、そして時々目に映る新緑や山ツツジに癒されながら登って行くと、四ツ又山の頂上に着きました。山頂にはカラス天狗の石仏があり、360度の展望が広がっていました。次に登る鹿岳が見えました。鹿岳は、鹿の角の様に岩が2つ突き出しています。あんな岩峰の先端に行けるのかなぁ?なんてその時は思っていました。四ツ又山頂から僅かに下って、マメガタ峠へと進みます。ここからまた急な登り返しが続きましたが、コースの途中途中に、山ツツジが咲いていて目を楽しませてくれました。鹿岳への道は、露岩がありかなり急峻な所もありました。ロープを掴んだり、岩や木の幹を掴んだりしながら登って行き、まずは一ノ岳へ。次は、主峰二ノ岳へ。途中、丸太の梯子があり、一人ずつ慎重に登ります。程なくして鹿岳山頂に到着。ここも、360度の素晴らしい展望です。向かい側には、群馬ならではのギザギザの妙義山、そして浅間山。入山する前に、地元のおじさんに山頂に着いたら、もう少し先まで行くと、とても展望がいいと教えてもらっていたので、教えの通りに山頂先の岩峰へ向かいました。大きな岩によじ登り、岩峰の上に立つと、上州の山々が一望出来ます。山容が特徴的な妙義山や荒船山などなど・・・地図と照らし合わせながらひとしきり景色を楽しみます。写真を撮り、景色を堪能したら下山です。今来た道をまた下ります。登って来た梯子を慎重に下り、ロープが張ってある所は掴まりながら下り、所々乾いた土と小石で滑り安い急坂を、太ももを踏ん張って下り、登山口へと降りて行きました。地図で見るよりも、激上り、激下りのあるコンパクトだけど岩場ありでなかなかの歩きごたえのある山でした。

 下山後は、いつも通りに帰京途中の温泉で汗を流し、帰路に着きました。企画、運転をして下さったKさん始め、ご同行のKさん、お世話になりました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ