10日(土)~11日(日) 小松原湿原 リーダー:K村さん

<山行報告>日程 : 10月10日(土)~11日(日) 

メンバー:3名
コースタイム:10日(土)ニュー・グリーンピア津南バンガロー泊
11日(日)5:30キャンプ場~6:00登山口駐車場~一旦引き返す~6:55登山口駐車場再出発~8:40登山口着
~10:45小松原避難小屋着、昼食~11:20小松原避難小屋~12:45登山口着~14:05登山口駐車場着 
 この計画は当初9月12日だったのが、雨で中止になり、再計画されたものでした。ところが週の始めに台風が発生、木曜日の予報によると土日は関東に接近か‼という状況になり、最終判断は前日の金曜日になり、参加を辞退されたメンバーもいました。日曜日の新潟方面は曇り予報だったので、決行になりました。
 土曜日は豪雨の中の移動でしたが、台風が南に進路を変えたため、水上トンネルを超えると曇りで、湯沢に着くと晴れてい
ました。お昼は美味しいへぎそばをいただきました。時間があるので、越後湯沢駅まで散歩したりお土産を買ったりしました
。津南町のスーパーで夕飯の食材を買い、夜は広いキャンプ場施設にあるバンガローで3人でゆったりと過ごしました。
バンガロー代はgotoキャンペーンで35%OFFになり、クーポンまでもらいましたので、2回分の温泉代に充当しました。ラッキーでした。
 朝は風もなく寒くもなく穏やかで、登山口駐車場までカーナビを頼りに細い林道を進みました。5台分くらいの駐車場に止めて、支度をして、いざ出発!緩やかな林道を登りながら歩いていると…
 ブルンブルン!!!っとバイクのエンジン音のようなものが聞こえて、3人は足が止まりました。もしかして熊!!?びっくりして数メートル戻って再度その地点を通ると、ウーッ!!またまた引き返して、を繰り返したところで、一人で歩いて
きた中年男性が来ました。一応熊がいるかもと伝えて、その人は気にする風でもなく歩いていきました。どうなるかと見てい
たらやはりウーッと威嚇の声がしました。その人はちょっと引いただけで、通っていきました。どうしようか…ビビリな私た
ちは安全を考えて、諦めて撤退することにしました。20分ほどで車に戻り、帰り支度をしているときに、下から歩いてきた、
年配男性が来ました。熊がいるかもと伝えると、この時期は当たり前だよー、里山でも熊に遭遇したことがあるよと朗らかに
話をされました。そこで私たちは熊エリア付近までその男性と一緒に歩けるか交渉して、快諾していただき、       再出発しました。
 「このもう少し先で声がしました。」とその人に言うと、「おーい!」「熊でるなー!!!」といきなり大きな声で叫びま
した。「ほら一緒に!」と言われ、私達も「おーい!」「熊でるなー!!」「くまきちー」(←?)と熊の生息域にこちらが
お邪魔していることをそっちのけで、ありったけの大声で喚きながら問題地点を通過しました。
 威嚇音が聞こえなかったのか、熊が逃げたかわかりませんが、難なく通過して、ほっとしました。その男性にはお礼をいっ
て別れ、林道をひたすら歩きました。登山口にはバイオトイレがあり、そこから湿原エリアに入りました。
 木道の上を歩くのですが、朽ちて破損していたり、苔やキノコが生えていたり、修復が不十分なため、歩くのに苦戦しまし
た。それでも草紅葉や周辺の紅葉は幻想的で、絵画のようでした。
 森の中→開けた湿原というのを何度か繰り返して、途中山道も登って、避難小屋に到着しました。お昼をとってから下山し
、歩きづらい木道を注意しながら下りました。
 私の旧姓に間違われる名前の湿原で、マイナーなところですが、お天気にも恵まれ、紅葉が最高に綺麗で、20キロ近く歩い
てヘトヘトになりましたが、来てよかったと心から思いました。 帰りはまたニュー・グランピア津南の温泉に入り、家路に
つきました。
 K村さんご夫婦には台風予報の状況判断、宿予約などお手数おかけしました。長距離運転もお疲れ様でした。ありがとうございました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ