1日(土) 瑞牆山

<山行報告>瑞牆山

6/1 みずがき山自然公園8:32~8:57林道終点~9:51不動滝10:05~11:09瑞牆山山頂12:04~13:25富士見平小屋13:39~14:34みずがき山自然公園

参加メンバー:4名

 瑞牆山荘からピストンするのが一般的なルートだと思いますが、今回は、みずがき山自然公園からのスタートです。公園にはキャンプ場が併設されており、また駐車場は、つつじとシャクナゲが満開、バックには瑞牆山...素晴らしい景色です。

芝生公園から不動滝を経由し山頂へ向かいます。不動滝は大きくはないものの、一枚岩の上をするりと落ちていく水は美しく癒されます。新緑の中、風が気持ちいい。苔むした森、ミツバツツジとシャクナゲ、滝あり、沢を渡り、ロープで岩場を登ったりとバラエティに富んだ楽しいコースです。徐々に大きな岩が現れてきて瑞牆山だな~と実感します。ししくいの岩あたりから急登になっていき、よっぽどヨレヨレ登っていたのか、すれ違う登山者から「もうちょっとだよ」と声をかけてもらいました。

山頂は瑞牆山荘から登ってきたと思われる多くの人で賑わっていました。視界を遮るものは何もなく、南アルプスや八ヶ岳がよく見えます。岩の向こう側は絶壁なので、気を付けながら景色を楽しみ、ランチを食べ、K田さんにコーヒーをご馳走になりました。

下山は富士見小屋を通り、芝生公園から駐車場へ戻りました。山頂直下は急な岩場をおりて行きます。まだ時間が早いので登りの方とすれ違いましたが、大変そうでした。富士見小屋で休憩。ここが金峰山との分岐になります。多くのテントが張られていました。瑞牆ビールは1000円と高い(飲んではいません!)。ここで宿泊すると出費がかさみますね。

しばらく下り、途中でみずがき林道へ入ると、そこには予想してなかったミツバツツジのトンネルっとは言いすぎかもしれませんが、たくさん咲いていて素晴らしかったです。青葉の歩きやすい林道。初夏を思わせるセミの声。いい時期に来れてよかった〜。芝生公園から駐車場までは、疲れもありちょっと長く感じましたが、駐車場に到着して振り返ると出発前にみた瑞牆山がひと味違って見え、大満足の1日となりました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。