31日(日)両神山 リーダー:K田

参加者:4日 コースタイム:上落合橋8:02〜8:42八丁峠〜9:25行蔵峠〜9:35⻄岳〜10:15八丁峠手前間違
いポイント〜10:30行蔵峠〜11:15八丁峠(昼食)11:55〜12:22上落合橋

いきなりですが、自分は岩稜帯と高度感が苦手です(得意なのは、登りの林道!)岩場を克服
し、来年は、剱岳や、3大キレットに行ってみたい!そんな思いから、両神山の八丁尾根に参加しま
した。
登山口に車を止めて、【滑落事故多数!】の看板を横目に、沢沿いのトラバースを登り始めます。
八丁峠まで50分の登り、お天気は、午後から雨が降るようで、あたり一面薄暗く、せっかくの紅葉も
あまり映えません。
40分ほどで八丁峠に到着。ヘルメットなどを装着し、岩登り仕様に着替えます。
「雨が降る前に、八丁峠まで戻ってくるから!」と神田さんの言葉に気合いを入れました。
八丁峠からは、木の根を這うように両手、両足、全身をつかって登っていくような道が続きます。ほど
なく1つ目の鎖場登場。緊張しながらクリア。そして、早速パラパラと小雨が降り出しました、、雨は午
後からって言ったのに〜と不安な気持ちのまま、滑りやすい急登を登っていきます。鎖を頼らないと身
体が持ち上がらないような箇所もありましたが、とにかく三点支持を意識し、着実に一歩一歩進むこ
とに集中しました。鎖場を何箇所かクリアしたところで、雨が本降りに。岩が乾いていたら小さなスタン
スで安定することができますが、岩が濡れていると足場が滑り、つま先で踏ん張ることができません。
鎖に全体重をかけないように意識はしていましたが、とにかく、すべる、滑る、、
しばらくして行蔵峠に到着。360度パノラマ、、のはずでしたが空は暗い、、、
雨が本降りなので、ここで神田さんから戻るか行くか、の選択肢が。
ここから鎖場はさらに険しくなるそうで、安全第一ということで、⻄岳までは頑張り、そこから下山の選
択をしました。
⻄岳に到着、写真を撮り、下山開始。下りは滑りやすいので、慎重に鎖をつかみ、後ろ向きで降り
ていきます。途中で、下山中と思われるパーティーに出会い、何も疑わずそのパーティーについて下山
したのですが、なぜか、来るときこんなところ下ったっけ?と思われる急な岩場を登ります。おかしい
な、、と思いつつも鎖場を登っていくと、、なんと、
行蔵峠に、戻ってしまいました、、?!
ついて行ったパーティーは下山中と思いこんでいましたが、登っている最中だったようです。仕方ないの
で2度目の下山開始。不思議なものであんなに怖かった1回目の下りより怖くありません!やっぱり
岩場は慣れなのかな。
早めに降りるつもりが、2回登り降りしたので、良い時間になり、八丁峠に到着しお昼をとり、登山口
まで無事下山しました。ところどころで見えた、雲海と紅葉がとても綺麗でした。
もっと頑張らねば!と思いましたが、岩場鎖場トレーニングできて、とても楽しかったです。
晴れてる日に、またリベンジしたいです。みなさま、ご一緒させていただき、ありがとうございました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ