小仏峠から高尾山

【山行報告】 小仏峠から高尾山  2015年1月3日(土) 晴れ  

メンバー T、K、T、H、S、S、H(お試し)S、T、T OB会メンバーY、M、K、O、Y家、O

コースタイム

12:15富士見台13:30~高尾山13:50~琵琶滝14:55~清滝駅15:15

 小仏バス停に着くと、周りは薄っすらと雪で白くなっている。今年は参加者がだいぶ増えました。出発準備をしていると、次のバスでTさんと合流する。車道歩きがしばらく続くが、アイスバーンでよくすべーる。駐車場には何台か止まっている。ここから登山道になるが、雪はなく快適に登れる。だが吾輩は腰の痛みとザックの重さで、足取りが重くなりだんだん離れていくのだ。やっとのおもいで小仏峠につく、峠を上がりきった所からの富士山はサイコー!。今日が一番混むようです。

 城山から高尾山までは、凍っている所と、霜解けでドロドロの道で、靴に泥が団子になり歩きずらい。もみじ台までの急な階段の登りはきついです。茶屋で降りる駅を間違えたHさんと会えてほっとする。富士見台園地から下がったあずま屋を目指して下りて行くと、吾輩の名前をさけぶお姉さんの声がするのではないか。行ってみると、むさしのOB(古いお姉さんの集まり)と合流する。日当たりの良いところで、のんびりと昼飯をいただく。OBの人達は先に出発を、我々もほどなく高尾山をめざす。山頂は相変わらず人でいっぱいだ。

 薬王院(奈良時代に天武天皇の勅願で、僧行基が建立した真言宗の寺)で、初詣での参拝を済ませるも、参拝の列が長く続いていた。天狗焼(6個入り840円)を買うのをあきらめる。山の遊園地から琵琶滝に下りる道は、上級者むきなので、ほかの道よりも人は少ない。琵琶滝で水行する人はこの寒さではいないだろうねー。山道から車道に変わり、おじぞうさんを見送ってしばらく行くと、清滝駅に到着する。駅には救急車が止まっている。ここで解散する。吾輩はOBをしばらく待つことにする。ベンチに腰かけていると、今度は消防車が何台か、1号路へサイレンを鳴らしながら登って行くのが見えた。上のお寺でも燃えたかな?

 今回は流石にまいったぞー。腰もいまいちだし、ザックも重たかったので、爺にはこたえたのである。お試しで参加された方が、入会してくれたらいいですね。  我苦人

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ