9日(土)~10日(日) 八ヶ岳 (阿弥陀岳~御小屋尾根) リーダー:神田

<山行計画>  平成28年1月9日(土)~10日(日)  1泊2日(テント泊)

八ヶ岳 (阿弥陀岳~御小屋尾根) 雪山経験者向き

阿弥陀岳(標高2805m)山頂には阿弥陀如来の石像をはじめ多数の講中碑が奉じられていて、展望は赤岳に勝るとも劣らないものがあり、特に赤岳や横岳の西壁がよく観察できます。阿弥陀岳は、積雪状況によっては厳しい急峻な雪面あるいは岩稜帯の登下降に緊張する箇所もあり得ますので、ロープを携行し、必要に応じて確保します。

御小屋尾根は八ケ岳連峰最高峰の赤岳への登山口として知られる美濃戸口から阿弥陀岳へと続く長大な尾根で、途中には諏訪大社の御柱祭の御柱の神木として伐採される樅の木を伐り出す御小屋山(御柱山)があります。

下山後は温泉で入浴してから帰京します。募集人員4名まで。

<コ ー ス> (1/9) 美濃戸口 ~ 美濃戸 ~ 行者小屋  (CT:3時間)

         (1/10)行者小屋 ~ 文三郎尾根 ~ 中岳 ~ 阿弥陀岳 ~ 御小屋山 ~ 美濃戸口      (CT:6時間)

<集  合> 1月9日(土)午前8時に「国分寺駅」南口集合

<アクセス> 車利用。中央自動車道「国立府中IC」~「小淵沢IC」利用       

<個人装備> 厳冬期登山装備一式(アイゼン・ピッケル・ハーネス必携)、ワカン、ストック、厳冬期テント泊装備一式、テントマット、 

                          2日分の行動食、保温水筒、炊事用水容器、温泉セット等

<共同装備> テント装備一式、調理器具一式、9日夕食、10日朝食、20m補助ロープ1本、スノーバー1本、スコップ

<交 通 費> 駐車場代、テン場代、往復約400㎞のガソリン代及び車両費、高速料金往復¥5,460円(ETC割引利用)

                        以上合計人数割り

参加申込・お問い合わせは、12月・1月の集会、または直接「神田」まで

タグ:

|

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ