28日(日) 両神山 リーダー:K田

  日本百名山 尾ノ内渓谷から登る両神山 
  バリエーションルート中級
アカヤシオのパラダイスと小鹿野八景に選定された景勝地
「両神山」は埼玉県の西部に位置する山で、日本百名山のひとつです。ノコギリのような尾根と切り立った岩壁が特徴的で、古くから山岳信仰の場としても有名です。荒々しさと同時に、アカヤシオの花々の美しさが特徴的です。そして、秩父に広がる山々の中でも、鎖場など登山の醍醐味を堪能できる山として人気があります。
今回ルートの尾ノ内渓谷は、両神山をその源流とする尾ノ内沢が深い谷を形成した手つかずの自然が残る渓谷で、小鹿野八景のひとつに上げられている緑と清流の美しい景勝地です。一番滝・油滝に代表される大小の滝が数多く見られ、まさにマイナスイオンの宝庫です。沢登りファンの隠れたスポットとなっていましたが、近年、自然を満喫できる癒しのトレッキングコースとして、観光客にも歩かれています。しかし、ルートは登山地図上に登山道表記がされてはいますが、上部の破線コースは、一部に脆い鎖場や急斜面の通過がありますので、十分ご理解のうえ、ご参加ください。
 
<コ ー ス> 
尾ノ内渓谷駐車場 ~ 山の神 ~ 油滝 ~ 龍頭神社奥宮 ~東岳 ~ 両神山 ~ (往路を戻る) ~ 尾ノ内渓谷駐車場
(コースタイム : 8時間~10時間)

<集  合> 
4月27日(土) 午後6時00分 JR武蔵野線 「新座駅」 南口
(アクセスは車利用です。募集人数4名まで。)

<個人装備> 
一般ハイキング装備、27日の夕食、28日の朝食&昼食、飲料、
前泊用シュラフ&テントマット、温泉セット(下山後温泉入浴)
(27日はテントで食事をしてから就寝・駐車場にトイレあります)
<共同装備> 前泊用テント、救急医薬品、GPS、ツェルト、レスキューシート、

ガスコンロ、ガスボンベ、コッフェル、非常用水、クーラーボックス
<交通費>  往復約200kmの燃料費 ・ 車両費 ・ 高速代の合計を人数割り

<山行リーダー> K田
参加申込・お問い合わせは、3月・4月の集会、または直接「K田」まで。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ