2日(土)~3日(日) 浅草岳 リーダー:神田

<山行計画> 平成28年7月2日(土)~3日(日)  2日の夜は駐車場テント泊  登山は日帰り

新花の百名山 浅草岳

甘い香りと薄桃色に彩られた登山道「ヒメサユリロード」を歩きましょう!

浅草岳(あさくさだけ)は、越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる標高1,585.5mの第四紀火山で、一等三角点「浅草岳」が設置されています。越後三山只見国定公園に属し、山頂からは360度の展望が楽しめます。

「ヒメサユリ」(姫早百合・姫小百合)は日本特産のユリで「オトメユリ」とも呼ばれ、宮城県南部及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、朝日連峰、吾妻山、守門岳周辺等の山々にだけ分布する貴重な植物で、野生種は環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定され、国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」ではEndangered (EN)に指定されている絶滅危惧種です。

浅草岳に登るルートはいくつかありますが、今回はヒメサユリが一番多く咲いている鬼が面山周辺を通る六十里越登山口から浅草岳を目指すロングルートを辿ります。

天候不良の場合にはネズモチ平コースに変更あり。標準コースタイム4時間25分。

<コース> 交通手段は車利用です。(関越自動車道利用)(募集人員4名まで)

(7/2) 新座駅 → 道の駅「いりひろせ」(駐車場でテント泊)

(7/3) 道の駅 → 六十里越登山口 ~ 六十里峠 ~ マイクロ中継局 ~ 南岳 ~ 鬼が面山 ~ 前岳 ~ 浅草岳 ~

         (往路を戻る) ~ 登山口 → (温泉入浴) → 新座駅         (標準コースタイム : 8時間35分)

<集 合> 7月2日(土) 午後3時00分 JR武蔵野線「新座駅」南口

<個人装備> 夏山登山装備一式 虫よけスプレー等の防虫対策必須)、テント泊装備一式、行動食&飲料、非常食、(軽アイゼン)、

                       7/2夕食&7/3朝食はテントで食べます(各自で用意)、温泉セット(下山後温泉入浴)、(7/2現地で食料品店寄ります)

<共同装備> テント一式、調理器具一式(お湯を沸かす程度であれば利用可)

<交通費> 往復約600kmの燃料費・車両費・高速代合計25,000円を人数割り         

山行リーダー : 神田 博

参加申込・お問い合わせは、5月・6月の集会、または神田まで。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ