14日 金峰山

【日程】2017年5月14日(日)

【天候】曇り後晴

【メンバー】L:I、I、A

【コースタイム】 瑞牆山荘0750~0840富士見小屋0845~大日小屋0940~大日岩1030~1240金峰山1325~大日岩1520~大日小屋1540~1630富士見小屋1645~1715瑞牆山荘  

                                             

【報告】

   本来の山行は前日からのテント泊というかたちでしたが、悪天により金峰山ピストン山行に変更しました。

   5時15分で昭島駅に集合し、準備を整えて出発。高速に乗ってしばらくすると雨まじりの天気に。3人のテンションは下がり気味です。でも天気予報はわるくないので、それに期待して車を進めて行きます。

   瑞牆山荘駐車場に7:30頃到着し、記念撮影などをして7:50山登り開始。急登ではあるが広葉樹の芽吹きがすばらしく気持ち良い道である。富士見小屋に8:40着。コースタイム通り。

   幕場としては広々としていて景色もよく最高である。ここから大日小屋迄はシャクナゲの木が非常に多く、あと1ヶ月後に来たら花満開だろうなと想像しながら足を運ぶ。大日小屋を過ぎ大日岩前後は崖が切れていたり、クサリ場があったりと、なかなか集中していないと危険である。又、展望もひらけてきて南アルプスも望めます。足を進め砂払ノ頭までは残雪が残り、軽アイゼンをつける程ではないが、凍っているところは避け足元に注意しながら行動し、さらにゴーロ状の道を進んで五丈岩に12:30着。そこからわずかで金峰山山頂に12:40到着。下には雲がありますが、南アルプスや八ヶ岳など全望が望める青空です。

   五丈岩に戻り昼食。程よくすませ、時間も押していたのでさくさくと下り、17:15瑞牆山荘へ無事到着。新緑あり、急登あり、いわばあり、残雪あり、ゴーロありと十分満喫した金峰山山行でした。

   又、帰りの高速で渋滞の中、IさんにはI人生劇場の演目で楽しませていただき、最後まで楽しい一日でした。

   リーダーとして難しい天気判断をされ、計画して下さったIさん、道中色々と気遣いをしていただいたIさんお二人に感謝いたします。 

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。