21日 三峰山

2018年10月21日(日)  快晴
参加者 四名
 快晴なれどドキドキの尾根歩きだ......!
 本厚木駅発「宮ヶ瀬行」のバスは、発車する頃には席が埋まっていた。煤ヶ谷バス停からは橋を渡り登山口ではヒルがいるとのことで、設置されているヒルよけスプレーを靴の周りにかける。〈ヒルはいなかったみたいですね。〉
 シカ避けの金網をぬけて樹林帯の中を進み物見峠分岐にあるベンチで一休みである。予定では物見峠を通るコースでしたが、峠からの急な階段があるので、峠を通らないルートに変更する。
 しばらく進むと物見峠からの道と合流して稜線を行くことになる。崩落して細い道を行くようになる。「三峰山まで0.8 km」の道標からは、木の階段の急登である。崩れている所にはロープが張られているが、非常にキツイのだ! 登ったと思ったら今度はクサリとハシゴが続くヤセ尾根の岩稜歩きが続くのであった。丹沢でこんなにも緊張した歩きを味わえる所はないでしょうかね......。
 三峰山山頂には四角いベンチが有りのんびりと昼飯タイムである。展望はないものの見上げると青い空が広がっていた。下りも上りと同じような急な下りで、勾配のきつい所にはクサリがあった。
 尾根から沢に向かっての下りでは、またまた急斜面で、台風で落ちた杉の葉がつもり歩きずらい。ここでもクサリが何か所か有り、沢沿いの道を下ると広場に着いく、ここからは林道歩きとなり「山神隧道」では、けっこう長くて真っ暗でお化けが出そう。
 広沢寺温泉を過ぎて歩いていると、後ろでバスが止まってくれたので乗ることができたのであった。
駅には四時ごろ着きここで解散である。男3人はW辺さんのお誘いで、駅前の居酒屋へ生ビールをガバガバ飲むが、美味かったね~。お陰様で吾輩はだいぶお酔いになったか? 靴ヒモが結べなくなってしまったのである。飲み過ぎには注意しましょうね。

〈コースタイム〉
本厚木駅8:40=煤ヶ谷バス停9:26~物見峠分岐10:30~12:33三峰山13:06~不動尻14:09~山神隧道14:38~広沢寺温泉15:00?=本厚木駅16:00?

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。