21日 守屋山

天気:快晴 
参加者 : S藤(リーダー)、S水さん、S藤、F登
コースタイム :杖突峠0930~分杭平1000~(ザゼンソウ、水芭蕉)1020~守屋山東峰1104~守屋山西峰1135(ランチタイム)1235~守屋山東峰1300~分杭平1330~杖突峠1406

「ザゼンソウという変わった花を見れる山があるらしい!」「山頂からはアルプスが一望!」「花の百名山!」という魅力的な言葉のオンパレードにつられて、守屋山へ。あまり有名な山ではないからそんなに人はいないだろう・・・と駐車場に到着すると、車がいっぱい!ここ数年でずいぶん人気の山になってしまったようです。

最初はふかふかの気持ちの良い坂道を登っていきます。さあ、これからがんばるぞー!と気合をいれたところで、いきなりの林道。そして登山口入口の看板。気合をいれて歩いていたのに、まだ始まってなかったのかとちょっとがっかり・・・(これ、よくありますよね)さらに進むと、ベンチや水場、散策路のある大きな広場(分杭平)にでました。話によると、ここにザゼンソウが咲いているかも?S藤リーダーが探しにでかけてくださり、「ひとつだけ咲いていた!」とのこと。みんなでワクワク見に行くと・・・イメージしていたものとは少しだけ違い、まだ若い緑色のザゼンソウでした。初めて見ることができてよかった!

本日の目的は早くもひとつ達成しましたが、いよいよ登山道に入り、山頂にむけて出発です。カラマツの林の間を通り、樹木からは北アルプスが垣間見え、高展望を予感させます。そしてこの山は「元気になる木」「カモシカ岩」など、案内の看板がとても豊富で、見ていて飽きません。みんなに愛されて、こまめに手入れされている山なんだなぁ。

 急登をひたすら登っていくと、「がんばれ!ここは胸突坂。東峰まであと10分」の看板。

さらに登ると視界が開け、東峰に到着しました。そこから見える景色は素晴らしく、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、 八ヶ岳、 とほぼ360度の展望!!こんな山があったなんて!と感動です。そこから19M高い西峰に移動し、大展望の中でお昼休憩を取りました。このままここで一生昼寝したいくらい気持ちのよい時間でした。

帰りはあっという間に下山。信州方面にせっかくいくなら!とついアルプスを目指してしまいそうになりますが、ここは低山でも何度でも訪れたいくらい素敵な山です。(アジア風の変わった建物や、山頂のラビットハウスがある、少し変わった山でもあります。)

雪の季節は樹氷がきれいなようなので、次回はぜひもっと雪深い季節に来てみたいです。S藤リーダー、ご一緒してくださった皆さま、楽しい充実した一日をありがとうございました。

私たちの会で一緒に山に行きたいと希望される20代から40代の方を募集しております。以下の会員募集ページの内容をご確認の上、フォームよりご連絡ください。

会員募集ページ

*新型コロナウイルス感染症防止対策により、集会・山行人数に制限があるため、当面の間、新規会員募集は停止しております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。